あの日のおなかとはなす会について

あの日のおなかとはなす会は、帝王切開を経験した3組の家族が主催する、帝王切開について話したり、聞いたりできるお話会です。

私たちは帝王切開出産で子どもを授かりました。

逆子のまま予定日より早く出産となり帝王切開出産に。母体の状況により当日突然、予期せぬ帝王切開出産に。色々な出産方法を模索した結果帝王切開出産に。

帝王切開といっても様々なケースがあります。また、帝王切開出産は身体に大きな負担を伴いますがそれを事前に具体的に認識している方は少なく、実は産後に大変な思いをしている女性が多いことを知りました。


助言をいただき、お産について振り返る「お産トーク」を何度か開催したところ、出産方法にかかわらず、どのお産にもそれぞれの不安や大変さ、そして喜びや感動があり、ひとつとして同じお産はないこと、そしてどのお産も人生の宝ものであることを実感じました。


NPO法人ファザーリング・ジャパンが実施した「出産と産後の生活に関するアンケート調査」(2021年4月実施)では、出産にモヤモヤを感じている女性は4割もいることがわかりました。そしてそれは、出産方法にかかわらず多くの女性が感じていることもわかりました。


出産に様々な感情を抱きつつも、それを話す機会がなくモヤモヤのままになっている母親や父親が多くいます。


私たちは、参加者が自身のお産を宝ものと感じられるよう、ただただ気持ちを受け止めたり、皆が安心安全の中で話ができる場づくり(ファシリテート)をしたり、時には参加者の気持ちが楽になるようカウンセラーの役割を担いながら、参加者の人生がより豊かになるよう支援していきます。


また、お産トークは、経膣分娩で出産した方と帝王切開で出産した方の距離を縮める役割や、プレママ、プレパパが出産についてリアル話な聞くことで心の準備や不安を和らげる役割もあります。


帝王切開出産で子どもを授かったママやパパ、帝王切開出産を予定しているご家庭や帝王切開出産の可能性があるご家庭のプレママ、プレパパもご参加ください。 

皆さまとお話できますことを楽しみにしています。

あの日のおなかとはなす会 運営メンバー

清水 ゆかり( 一 般社団法人ドゥーラ協会認定 産後ドゥーラ)
吉村 優( お母さん業界新聞記者 / 放課後児童支援員 )
一之瀬 幸生(NPO法人ファザーリング・ジャパン会員 カイザーパパワーキンググループ所属)

連絡先 mail: [email protected] 
            tel :090-8556-5074(出ることが出来ない時は折り返しさせて頂きます)